サラリーマンブロガー40代からの挑戦!

いわき市中之作地区のつるし雛人形祭りをみてきた

 

小さな港町の風物詩・・・圧巻! 5000体以上ものつるし雛人形

 

スポンサーリンク

つるし雛を見に、港町のいわき市中之作地区へいってみよう!

 

人通りの少なくなった港町を少しでも活性化させて、人を呼び込みたい。

そんな地域の人達の想いから始まった、つるし雛。

 

つるし雛の歴史は古く、江戸時代頃から行われていたといいます。

女の子が生まれたらお祝いとして届けられ、健康や長寿の願いを込めてつくられていたのだとか。

 

全国では、山形の傘福、静岡の雛のつるし飾り、福岡のさげもん。

この3つの地域が特に有名で「全国三大吊るし飾り」とも呼ばれています。

 

いわき市中之作地区のつるし雛は規模こそ小さいけど、色とりどりのかわいい人形が飾ってあって、これはこれで見応えあります!

 

地域に根ざした祭りという印象。

 

地元のつるし雛の作り手さんからもお話を聞けたりして、とてもアットホームな雰囲気で過ごすことができます。

 

 

つるし雛の開催はいつ?

 

毎年2月の第一週の土、日、月曜日の3日間行われるようです。

入場時間10:00~16:00

入場料100円

 

※入場料に関しては、駐車場の交通規制やトイレの設備費などのため。

地元の住民の方は、ほぼボランティアでやられているそうです。

 

MASA
MASA

ありがたいことです
寒いのにお疲れ様です!!

 

中之作地区へのアクセス

 

会場はいわき市の沿岸の港町です

 

駐車場も広々していて、誘導員の方もいるので安心です。

会場の近くまでいけば迷うことはありません。

 

駐車場は無料!!

 

港の側で眺めもよくて気持ち良いです

 

アクアマリンからもほど近い場所。

 

いわきららみゅうでお土産以外にも見ておいてほしい東日本大震災展
3.11を忘れないためにも見ておきたいららみゅうの震災展 3.11の東...
いわき市三崎公園は綺麗で素敵な公園だけど怪談話もあるんだって!?
三崎公園とはマリンタワーが目印のいわき市民なら誰もがしっている、小名浜にある...

 

 

つるし雛を見てみる

 

会場の清航館へつづく道路脇にはお店がズラリ

 

100円の料金を払いなかへ

 

甘酒も無料で振る舞われます

 

MASA
MASA

寒いときは嬉しいサービスですね

 

軒下にもたくさん!

外にはトイレもあるので安心です

 

家の中へ

この清航館は、築100年以上の由緒ある建物。

その中にざっと5000体以上ものつるし雛人形が飾ってあります。

一個一個手作りで、一年かけて作るそうです。

地元の人曰く、何個作ったか考えるのも嫌になるw

 

そのくらい毎日作っていらっしゃんだとか・・・

 

大変なお仕事、ご苦労様です

 

ちょっとしたカフェもあったりしてくつろげます

 

1つ1つちがうので見ていて飽きません

↑ のかわいい人形や

何故かスイカもw

まあ、これはこれでかわいいけどね

 

人だかりがあって

なんだ?

っていってみたら、おいしそうなのがいっぱいあった。

 

イカの揚げたのや、チーズが入ったかまぼこなどなど

どれも1パック300円で手頃

 

こんなの

マジでイカが柔らかくておいしいのです。

 

港で海を見ながらいただきました

 

MASA
MASA

あー、ビール飲みてー

 

 

おしまい

 

 

 

コメント