サラリーマンブロガー40代からの挑戦!

秋のバスフィッシングを楽しむために読んでおきたい記事

スポンサーリンク

 

秋のバス釣りは巻物がきく?

秋のバス釣りは、上手くハマれば数釣りが狙える釣りやすい時期といえます。

 

それは何故か?

 

答えは、人間も魚も一緒。

厳しい夏が過ぎ去り、涼しい気候の秋のほうが断然過ごしやすいから。

 

さらに、食欲の秋!といわれるように、バスもまた冬に備えて沢山エサを食べたい時期なのです。

 

お!じゃあ活性も上がるし、釣りやすいんだな!!

 

ところがそう簡単にはいかないのが、秋のバス釣り。

 

理由は、バスはエサを探すために、フィールド全体を泳ぎ回るので場所の特定は難しくなります。

その為に、秋は巻物を使ってバスの居場所を探った方が、効率が良いといわれているのです。

 

 

秋のブラックバスを釣るためには?

以下3点に絞って説明します。

  • 秋のフィールドの特徴
  • ブラックバスは何処にいるのか?
  • 秋のバス釣りはどうやって釣るのか?

 

 

 

秋のフィールドの特徴

秋のフィールドは、2つの特徴があります。

1つはバスの活性も上がり、アングラーにとっても嬉しい事です。

2つ目は秋特有のフィールドの変化で、釣りにくい状況に陥ってしまいます。

 

1つ目の特徴、それは気温の低下とともに、水温も下がりバスにとって過ごしやすくなる事。

ただし、バスも動きやすくなるので、居場所の特定はフィールド全域になりますので、夏よりも難しくなります。

 

 

2つ目の特徴。

秋は、台風ターンオーバーの季節

 

近年台風は、衰えること無く本州を縦断し各地に甚大な被害を与えます。

それに伴い台風の影響は、ブラックバスの住むフィールドにも大きな爪痕を残します。

川の氾濫や上流からの土砂、急激な水位の上昇等、様々です。

 

私のホームのリザーバーも一昨年の台風で、上流より多くの土砂が流れ込み、それまでのフィールドとは全くの別物に変わってしまいました。

 

当然バスの居場所も変わり、その年は全く釣れなくなってしまったのを覚えています。

 

 

ターンオーバーとは、簡単に言ってしまえば水が濁ってバスの活性が著しく低下してしまうことです。

表水温が気温の低下とともに下がり、底の水の方が水温が高くなります。

すると表層の水と底の水が入れ替わり、濁りが発生する事をターンオーバーといいます。

 

 

秋のブラックバスの居場所

秋は一年で一番居場所の特定がしづらい時期です。

何度も言いますがバスにとって過ごしやすい時期で、フィールド全体に散ってしまうから。

 

その為に、秋は巻物と言われる理由があるのです。

巻物で広範囲に探ってサーチしていき、ピンスポットはライトリグなどで丁寧に探る。

 

こんな風に場所の特定が、秋のバス釣りの難しさであり、醍醐味でもあります。

バスがいないところに、いくらルアーを投げていても、魚は釣れませんからね。

 

 

秋は、どのように釣るのが効果的か?

巻物と言っても、ルアーの数が豊富です。

私はほとんど、クランクとスピナベしか使用しませんが、フィールドの状態によって使い分けをしています。

 

風や濁りが強いときは、スピナベを使用しそれ以外では、クランクを使うようにしています。

クランク

OSP タイニーブリッツ・DR リアルワカサギVer.2
オーエスピー(O.S.P)
OSP タイニーブリッツ・DR (ブラックバスルアー)■レングス:45.0mm■ウエイト:6.7g■タイプ:フローティング■フックサイズ:Front #8 Rear #8≪OSP ブラックバスルアー≫

 

スピナーベイト

スピナベはフラッシングに加え、ブレードの出す水流などでアピール力が強いルアー。その為濁りや風が吹いているときなどは最適です。

レンジも重要になってきます。主に中層~ボトムを引くようにサーチしていくと、釣果につながりやすいと思います。

 

ターンオーバー等で強い濁りが入った時は、リアクションの釣りがオススメ。

 

バイブレーションの早巻や、スピナベのヒラうちを狙っていければ、釣果につながります。

レイドジャパン レベルバイブ ブースト 9g シマナシタイガー
レイドジャパン
レイドジャパン レベルバイブ ブースト 9g (ブラックバスルアー)■サイズ:9g/46mm≪レイドジャパン ブラックバスルアー≫

ヒラうちとは、スピナベを引いていて、障害物にあたったときに、スピナベが傾いて一瞬イレギュラーな動きをする事。

 

クランクでもテキサスリグでも、どんなルアーにもいえることですが、障害物にあたったときや根掛かりを外すときなど、ルアーが、予測できない不規則な動きをしたときが、一番釣れます。

 

 

これが狙ってできれば、一気に釣果は爆上がりなんですけどね。

私はいっつもまぐればかり・・・(汗)

タックル2本のバスフィッシング
つり人社
青木大介が「タックルは2本のみ」で多彩にフィールドに挑戦

 

おわりに

ここまで書いておいてなんなんですが、秋は冬に続いて苦手な時期です。

夏と違いピンスポットで狙えないというのが、苦手な理由です。

 

ただし涼しくなってくるから、朝~夕方までずっと釣り続けられるので、季節的には大好き!

 

丁寧にフィールドを探れば必ず釣果はついてくる季節。

 

後は、秋の荒食いビッグバスの数釣りを目指して、フィールドに通い詰め精進あるのみ!