サラリーマンブロガー40代からの挑戦!

誰でもわかる!失業してからの雇用保険の手続きを3つの項目別で紹介。

スポンサーリンク

 

失業してからの雇用保険の手続きをサッと紹介!

失業したらすぐにでも、手続きをすませておきたい雇用保険。

 

バイト君
バイト君

うおー、仕事きつすぎて辞めてやったわ!

 

こんな風に辞めても、条件を満たしていれば、アルバイトでも受け取れるのが雇用保険。

 

ただし、受給資格や受け取り方が、わかりにくいのが現状なのです。

 

そこで本記事は、3つの項目に分け、初めての方にもわかりやすいように説明しますので、ご安心を。

 

  • 自分は受給の資格があるのか?
  • 受給するときに、用意する物はなに?
  • もらえるのはいつ?、どのくらいの金額がもらえるの?

以上3つに分けて進めていきます。

 

 

 

一つ目、自分は受給の資格があるのか?

 

バイト君
バイト君

俺って資格があるの? よくわかんないんだよな。

 

そんなあなたに、前回の条件を記載した記事です。参考にどうぞ。

 

受給資格を満たした上で、以下2点にあてはまるなら安心して下さい、受給できます。

  • 次の仕事が決まっていない
  • 仕事が決まれば、すぐにでも働けるよ!

 

バイト君
バイト君

バイト辞めたら不安だけど、今の仕事きついんだよなぁ
次のバイトは慎重に決めたいんだよ!

MASA
MASA

雇用保険は、そんな人の為の制度でもある!

 

 

 

以下に当てはまる人は受給できないので注意!

 

  • 専業主婦
  • 学生
  • これから、自営業をはじめる人
  • 次に働く場所が決まっている人

 

MASA
MASA

パートやアルバイトで働くとしても
すぐ働く事が決まっていたら、受給できないので注意してね。

※ただし週20時間以内の労働時間なら、申請すれば、もらえる可能性もある。

 

 

 

二つ目、申請するとき、用意する物はなに?

 

雇用保険被保険者離職票1と2の2枚

これは必ず会社から受け取っておいて下さい。

 

MASA
MASA

会社を辞めると、大抵本社から郵送で
一週間以内には、送られるはずです。

 

 

 

実際に手続きするときに必要な物

 

  • 雇用保険被保険者離職票1と2の2枚
  • マイナンバーカード
  • 印鑑
  • 銀行の通帳(本人名義)
  • 写真2枚(証明写真のもの)

上記5つを必ず持っていきます。

 

マイナンバーカードが、手元にない!って方

 

バイト君
バイト君

あ!実家に置いたままだった!遠いし郵送してもらうのも面倒だなぁ

MASA
MASA

そんな時は、住民票と運転免許証でも大丈夫!

 

 

 

三つ目、どのくらいの金額がもらえるの?もらえる期間は?

 

仕事を辞めた日から、6ヶ月さかのぼって給料の合計をします。

その合計を180で割ります。

割った数字の5~8割が、1日の支給金額です。

 

MASA
MASA

5~8割っていうのは、これまでの所得で決まるの。
所得が低い人ほど、多くもらえるようになってます。

バイト君
バイト君

へーじゃあ、なるべく平等に、もらえるようになってるんだ?

MASA
MASA

そういうこと!

 

月10万の給料で、2年間アルバイトした、25歳の方を例としてみます。

 

10万×6ヶ月=60万

60万÷180=3333

3333の8割だったとしたら、2666

この場合1日の支給額は2666円になる。

 

2666×1ヶ月(30日)=79980

1ヶ月の支給額は79980円になる。

 

バイト君
バイト君

結構支給してもらえるんだね

MASA
MASA

うん、だから雇用保険に加入しておけば、いざという時安心。

 

 

 

自分の年齢や、働いた年数によって受給日数が決まる

 

MASA
MASA

なぜ失業したか?失業した理由によって、受給できる日数が変わってくるの。

会社が倒産した、経営悪化で解雇された。

などの理由で失業した方はこちら ↓

1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30~35歳未満 120日 180日 210日 240日
35~45歳未満 150日 240日 270日
45~60歳未満 180日 240日 270日 330日
60~65歳未満 150日 180日 210日 240日

 

バイト君
バイト君

店長嫌いだったし、仕事大変だから辞めちゃった。
そういう人の場合は?

MASA
MASA

その場合は、自己都合退職っていうの

 

自己都合退職の場合の受給日数

10年未満 10年以上
20年未満
20年以上
65歳未満 90日 120日 150日

 

こうしてみると、自己都合退職と会社都合退職で、受給日数の違いがだいぶ差があるのがわかります。

 

年齢が若いうちはいいけど、45過ぎたら、金額は倍くらい違ってきます。

 

バイト君
バイト君

MASAは、そろそろヤバいな。

MASA
MASA

うん・・・実際ギリギリやけどな(汗)

 

 

 

 

申請すればすぐお金もらえるの?いつからもらえるの?

 

MASA
MASA

一番注意しなくてはいけないのはここから!
それは、いつから受給できるかってこと。

バイト君
バイト君

え!? すぐもらえるんじゃないの?

MASA
MASA

ううん
自分の都合で辞めた場合と、会社都合で辞めた場合では、全然違うの。

 

会社都合で失業した方(倒産やリストラ等)

申請して、7日待てばすぐもらえます。

 

自己都合で失業した方(店長が嫌だった、仕事がキツイ等)

申請して、7日と3ヶ月の期間待たないともらえません。

 

バイト君
バイト君

ということは、自己都合退職だと
もらえるのは、3ヶ月先になるという事?

MASA
MASA

そういうこと

バイト君
バイト君

えー!
すぐもらえると思ってた!

MASA
MASA

自己都合退職だと、3ヶ月分の生活費は、貯金でやりくりするしかないね。

バイト君
バイト君

イザというときの為に、貯金はしとこっと!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ちょっと複雑なルールの雇用保険。

確認しておきたいのは、3つ。

 

  • 自分は受給資格があるのか?(今まで雇用保に入っていたか?)
  • どういう手順で申請すればいいのか?
  • 失業の仕方によっても、もらえる金額や日数が変わってくる

 

この3つを覚えておけばイザというときに、スムーズに手続きできます。

失業しても安心して就活できる雇用保険。

上手に生かしたいですね!

 

バイト君
バイト君

偉そうにしてないで、MASAも早く仕事決めろよ。

 

MASA
MASA

うぅ(汗)

はい!がんばりまっす!!