サラリーマンブロガー40代からの挑戦!

部屋でもキャンプでもお洒落につかえる!デイツ78ハリケーンランタン

スポンサーリンク

デイツ78黒金カラーを購入してわかった!メリットとデメリット

デイツ78ハリケーンランタンとは、その名の通りランタンです。

特徴は嵐の中でも消えないくらい風につよい。

 

そして何より、部屋に置いておくだけでもカッコイイ!

 

構造は単純で、オイル(灯油やパラフィンオイル)をいれて芯に火をつけるだけ。

 

今、空前のキャンプブームでランタンも各社いろいろでていますが、こんな時こそ歴史あるオイルランタンなんていかがですか?

 

LEDランタンにはないメリットがいっぱいあります!

↑わたしが購入したのは、デイツ78の黒金カラー!

どうです?かっこいいでしょ

高さ27cm・重量456gのほどよい大きさ。

 

 

↑ひとつひとつ手作りなのでちょっと個体差があるのが難点といえますが、それも味と思えば愛着もわきます。

 

本記事では、買ってから使い始めるまでの方法や、実際の使用感。

そしてメリットやデメリット。

また、デメリットの改善方法なども提案しています。

 

記事を読み終える頃には、デイツ78ランタンの魅力に取り憑かれてしまうかも!

 

ちょっと興味があるなって方は、読み進めてみてください。

 

↓動画も撮ってみましたので、手っ取り早く見てみたい方はコチラをどうぞ!

デイツ78ハリケーンランタンAmazonレビューは本当なのか?

 

 

デイツ78ランタンはこんな人におすすめ

ゆらゆらゆれる炎って、じ~っと見つめていたくなるんですよね。

焚き火の炎と一緒で、火って不思議な魅力を感じます。

 

オイルランタンをオススメしたい人
・LEDランタンの光に満足できない人
・夜の晩酌など、薄暗い雰囲気の中で飲みたい人
・視覚的に癒やされたい人
・オイルランタンは手間もあるけど、その手間が楽しいと思える人

 

デイツ78ランタンのメリット

滅多なことでは壊れない

基本的に単純な作りなので、故障とかは少ないです。

運搬の際に、ガラスのホヤが割れないように注意するくらいでしょうか。

 

燃費が良い

灯油で長時間の使用が可能です。

ランタンに燃料を340ml入れれば20時間は使えます。

灯油1ℓ100円で、約60時間使える計算。

 

部屋で晩酌のときに、毎日2時間使っても30日はもつ!

 

キャンプサイトや部屋の中が一気にムーディーになる

この暖色系の明かりですから、問答無用で癒やされます。

わたしはキャンプに行く時間がとれないときなどは、部屋の中や車中泊の時に車の中で使ったりしています。

(もちろん換気は十分おこなっています)

ランタンに火を灯すと一気にオサレムードに早変わりしますよー

 

デイツ78ランタンのデメリット

暗い

やっぱりLEDにはかないません。

暗いです・・・メインランタンには向きません。

あくまでもムードつくりや、間接照明的なつかいかたになりますね。

 

こういった暖かみのある光のLEDランタンと併用すれば、オイルランタンの光も活きてくるってもんです!

人気のベアボーンズのランタン

ベアボーンズ(Barebones) ビーコンライトLED2.0 ブロンズ 20230005007000
ベアボーンズ(Barebones)
サイズ:H15.2×W7.6cm、重量:127g、材質:スチール、プラスチック、ゴム

 

 

灯油を使うとススやニオイが出る

灯油を燃料として使うと、ススが出てガラスのホヤの部分が真っ黒に!

ニオイもきつく、ずっと石油系のニオイを嗅いでいると頭痛の原因にもなることもあります。

そこでパラフィンオイルがおすすめ

 

パラフィンオイルは、ニオイはほとんどしません。

また、石油やガソリンと違って安全性の高い燃料で、持ち運びに特別な容器などを用意しなくても大丈夫なこと。

 

個体差がある

ひとつひとつ手作りなので、個体差はあります。

Amazonでのレビューでも多く書かれているのが、バリや塗装にムラがあるということ。

↑ガラスのホヤを指で撫でても引っかかりもなくきれいでした。

 

↑デイツのロゴは最初からかすれていました。

 

 

ホヤの上げ下げのレバーが硬いというレビューについては、同感です。

 

↑このレバーを下にさげるとき

 

↑買ったばかりのときは、矢印の溝にはめ込みづらくてちょっと苦労します。

しかし何度も上げ下げしているうちに、なじんできてスムーズになりますので安心して下さい。

 

燃料漏れが若干ある

1番の悩みはこれではないでしょうか?

ぶっちゃけ燃料は漏れます!

 

でも2通りのやり方で、燃料漏れは防ぐことができます。

 

まず1つ目は、燃料を満タンまで入れない。

単純な事ですが、ギリギリまで入れると、車の振動などでキャップのスキマから漏れてきますからね。

 

2つ目は、キャップにOリングをはめ込む

 

↑このキャップにはめ込みます。

内径20~21mmがベストですが、個体差があるため、ホームセンターで確かめて買うのがいいと思います。

 

GOOMAND シールOリング セット ニトリルゴム ワッシャー オーリング18種類 279 個 汎用 シーリングワッシャー 各種機器のガスケットに!水、ガス、油等、流体のシールとして完全密封!
GOOMAND
油や水の液体はもちろん、空気やガスなど、多種多様の流体を密封する目的で作られた合成ゴム製のOリングで、適度に圧縮することによって生じる応力を利用しシール機能を発揮します 。

 

デイツ78ランタンと一緒に買った方が良いもの

わたしが買ってよかったものは2つ

ランタンケースとバーゴのオイル入れです。

 

ランタンケースは秀岳荘のもの

秀岳荘は、北海道札幌にある有名なアウトドア専門ショップです。

生地はコットンで縫製もしっかりしていて丈夫。

何よりカラーが軍モノぽく男臭いのに惹かれました。

 

 

 

もう一つはバーゴのオイル入れです。

これは先が細くなっているので、ランタンにオイルを入れやすいかなと思って購入しました。

 

万が一のオイル漏れに備えてジップロックに入れています。

 

 

↑ランタンだけだと、このケースぶかぶかなんですけど、バーゴのボトルを入れるとジャストフィットしてちょうど良いのです。

 

まとめ

デイツ78ハリケーンランタンいかがでしたでしょうか?

ちょっと手間のかかるヤツだけど、なんだか手放せない存在って感じのアイテムです。

 

1つ持っているだけで、いつものキャンプサイトが違って見えちゃいますよ!

 

デイツと最後まで迷ったフュアハンドもおすすめ