サラリーマンブロガー40代からの挑戦!

ロースタイルに最適なコールマンコンパクトフォールディングチェア

スポンサーリンク

ロースタイルキャンプに最適なチェア

【コールマン】のフォールディングコンパクトチェアを購入したので、その使用感や感想を交えながら記事にしてみました。

 

キャンプ用のイスの購入を検討していて、どれにしようか迷っている人にぜひ見てほしいです。

 

こんな人に読んでほしい記事
・ロースタイルのキャンプをしたい
・軽くて設置が簡単なイスをさがしている
・色がたくさんあった方が良い

 

購入しようと決めた理由なども踏まえていますので、どうぞ参考にしてみて下さい!

 

 

コールマンのコンパクトフォールディングチェアを選んだ3つの理由

コールマンのチェアは、ロースタイルにベストマッチ!

 

疑問に思う男性
疑問に思う男性

そもそもロースタイルってな~に?

 

ロースタイルとは・・・
テーブルやイスを低いもので揃えて、地面に近い距離でキャンプを楽しむスタイル!
バイクキャンプやソロキャンプ、また夜の焚き火なんかには最高に絵になる。

 

反対に、ハイスタイルというのもあってこちらは高い位置のテーブルやイスを使っているので、グループキャンプやファミリー向けです。

 

今回紹介する、コールマンのチェアはロースタイルなので、かなり低い位置に座ることができるます。

↑これが実物

 

↑座るとこのような感じです

 

どうです?かなり低いことがおわかり頂けたでしょうか?

イスに合わせて、テーブルも同じくらいの高さのものを購入した方が、調理していても疲れませんので、その点も注意がひつようです。

 

キャプテンスタッグの、このテーブルならお手頃価格ですし、ソロキャンプのロースタイルにぴったり!

 

※写真のモデルは、身長170cm、体重58kなのでご参考までに。

 

 

色や種類を選ぶ楽しみがある

わたしが購入したのは、オリーブ。

他にグレー・レッド・ブルーがあったり、Amazon限定カラーのイエローなど豊富にあります。

 

コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア(オリーブ) 2000033562
コールマン(Coleman)
小さくても座り心地にこだわった安心設計。折りたたんでも場所をとらないロータイプチェア

 

↓こちらは1000円ほど高くなりますが、ストライプ柄で生地は難燃性を使用しているので焚き火でも安心。

 

リラックスできる

イスを選ぶに当たって、まず重視したのがロー、ハイスタイル問わず肘掛けがあること。

長時間座ったり飲み物を飲んだり、本読んだりしたときに、肘掛けがないと意外とないと疲れるんですよね。

有名なヘリノックスも悩んだのだけど、その点で比べてしまいましたね。

 

また座面の生地がピンっと貼っているので、必要以上に尻が沈まずに済みます。

これは好みでしょうが、座り心地はわたしには合っていました。

 

 

設営が簡単

ホント簡単です!

パッと開いて出来上がり、時間にして3秒くらい。

マジックテープをはがして

 

イスを開くだけ

 

パッと!

 

できあがり!

 

ちなみに収納時は、縦53×幅9×高さ56。

重さは約2.1k

 

ヘリノックスほど小さくはなりませんが、設営はダントツでトップクラスです。

車で行くキャンプスタイルなら、この程度の大きさなら問題ないですからね。

 

↑愛車エヴリィでも使用しています。

 

 

デメリット

デメリットは2つ

 

1、大柄な人には、窮屈に感じてしまう。

わたしは170cmなので、十分大丈夫ですが175~180くらいある人なら窮屈に感じるでしょうね。

むしろ子供や女性ならちょうど良いサイズといえます。

 

2、リクライニングしない

これは仕方の無いことですが、イスに座ってうたた寝っていう感じではないかも。

それならば

このようなハイバックチェアなら、リクライニングできますし、頭までのせることできるのできっと焚き火に当たりながら寝ちゃうでしょうね。

 

ただし、収納はかなり大きくなので注意が必要です。

 

 

まとめ

ロースタイルでソロキャンプがメインならぜひ試してほしいコールマンのチェア。

バイクならヘリノックスがおすすめ。